光脱毛とレーザー脱毛のリスクの違い

レーザー脱毛は医療行為ということで、医療機関のみが施術を許されています。

それはなぜでしょうか。

ムダ毛を脱毛するためには、毛が作られる部分の細胞を破壊するという施術が必要になります。

これは医療行為で、医療機関以外が行うことはできません。

新宿駅周辺には多くの脱毛サロンがあります。

しかしエステの脱毛サロンはとても安価に施術が受けられますが、医療機関でないためレーザー脱毛は行われていません。

その代わりに光脱毛という施術を行っています。

新宿のサロンでも光脱毛は毛の細胞を破壊することはできないので、弱めの光を照射しています。

【参考サイト】⇒説明できる?意外と知らない「美容医療」と「エステ」の違い | マイナビニュース

光脱毛は光を強く設定すれば、脱毛の力は強くなります。

しかし、あまり強い光で脱毛施術を行うと、肌にやけどの症状が出るなどのトラブルが起こるリスクも高くなってしまいます。

光脱毛でトラ柄のように縞のやけど痕が残ることもあります。

もちろん、レーザー脱毛のリスクがゼロというわけではありません。

しかし施術が行われているのが医療機関内ですから、トラブルに関する医療ケアをすぐに受けることができます。

毛のライフサイクルは成長している時期、成長が止まった時期、毛が抜け落ちる時期の3つの周期があります。

成長期のムダ毛をレーザー脱毛で照射していきます。

毛は全てが同じ周期の状態にあるわけではないので、次の毛が成長期に入るタイミングでレーザー照射を行うため、1年程度の脱毛ケア計画を立てて、きっちり通う必要があります。

ツルツルすべすべの赤ちゃんのような肌に仕上がるので、おすすめです。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

レーザー脱毛のメリットは、なんといってもその脱毛効果の高さにあります。

他の脱毛サロンでは通ってみたものの、なかなか施術が進行した実感がわかないという人が少なからずいます。

次の予約がなかなか取れないなか、せっかく脱毛したと思っても、すぐにはえそろってしまったという経験をした人もいるでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛の違いは、大きく分けて3つあります。

ひとつは、レーザー脱毛は単色性があるということです。

単色性があるというのは、全部が同じ波長で進むので、ピンポイントで照射することができます。

光脱毛の場合、波長がバラバラで進行の方向もばらばらになるため、一カ所にパワーが集中しません。

また、レーザー脱毛の光線には直進性があります。

脱毛機器で照射すると、波長がまっすぐ進んでムダ毛の根本、毛を作る部分にあたります。

これに対して光脱毛の光線は四方八方バラバラの方向に進んでしまいます。

最後に、レーザーや光は黒いムダ毛の色に反応して熱化します。

可干渉性は同じ方向に直進するレーザーはしっかり熱エネルギーになることを示します。

この点で考えても、光脱毛はあちこちにばらばらに進んでしまうので、パワーが分散して弱々しくなってしまうということがイメージできるでしょう。

レーザー脱毛のサロンを探すなら新宿が便利です。

新宿駅の周辺にも数多く見つかります。

レーザー脱毛は1年間ほどをめどに通うと、個人差はあるものの脱毛効果が出て施術を終えることができるとされています。

一方光脱毛は永久脱毛にはならないため、3年通う人も少なくないといわれています。

◎さらに効果を上げる為に→(URL:http://kirei-torisetsu.com/archives/11530