レーザー脱毛と光脱毛の違い

レーザー脱毛のメリットは、なんといってもその脱毛効果の高さにあります。

他の脱毛サロンでは通ってみたものの、なかなか施術が進行した実感がわかないという人が少なからずいます。

次の予約がなかなか取れないなか、せっかく脱毛したと思っても、すぐにはえそろってしまったという経験をした人もいるでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛の違いは、大きく分けて3つあります。

ひとつは、レーザー脱毛は単色性があるということです。

単色性があるというのは、全部が同じ波長で進むので、ピンポイントで照射することができます。

光脱毛の場合、波長がバラバラで進行の方向もばらばらになるため、一カ所にパワーが集中しません。

また、レーザー脱毛の光線には直進性があります。

脱毛機器で照射すると、波長がまっすぐ進んでムダ毛の根本、毛を作る部分にあたります。

これに対して光脱毛の光線は四方八方バラバラの方向に進んでしまいます。

最後に、レーザーや光は黒いムダ毛の色に反応して熱化します。

可干渉性は同じ方向に直進するレーザーはしっかり熱エネルギーになることを示します。

この点で考えても、光脱毛はあちこちにばらばらに進んでしまうので、パワーが分散して弱々しくなってしまうということがイメージできるでしょう。

レーザー脱毛のサロンを探すなら新宿が便利です。

新宿駅の周辺にも数多く見つかります。

レーザー脱毛は1年間ほどをめどに通うと、個人差はあるものの脱毛効果が出て施術を終えることができるとされています。

一方光脱毛は永久脱毛にはならないため、3年通う人も少なくないといわれています。

◎さらに効果を上げる為に→(URL:http://kirei-torisetsu.com/archives/11530